知らないと数十万の差!?必見、車乗り替え術☆車を売るなら下取りより買取り!

車を買い替える時、愛車を販売店の「下取り」に出していませんか?

実はその車、買取専門店での「買取り」で、
もっと高く、もっとおトクに売れるかもしれませんよ!

あなたの愛車を最高額で売るための秘訣をご紹介!



そもそも、「下取り」と「買取り」の違いって? 
下取りと買取りの大きな違いは、
『売った車の代金の行方』と『取り扱いできる車種』。

「下取り」とは
  次回買う車の販売店で現所有車を売り、購入資金に充てること。
  下取りの買取額には新車の値引き額が上乗せされていることが多く、
  実際の車の買取額が曖昧になることも。
  下取り可能な車は、ディーラー専属のメーカーに限定されることが多い。

一方、「買取り」とは
  車買取専門店などに車を売却して、現金化すること。
  メーカー・車種にとらわれず、ほぼすべての車に対応しているため
  どんな車でも買い取ってくれる会社が多く、査定額やサービスなどを
  比較しやすい。

買取りの方が高く売れるその理由とは 

 【理由@】中古車相場に詳しく、市場の動きに合った査定ができるため、
      高値がつきやすい
 【理由A】広い販路で早く売却できるから、在庫リスクを低く抑え、
      高額買取が実現できる

中古車の買取価格は、
季節や地域のトレンドなどにも大きく左右されます。

中古車の専門家ではない販売店とは違い、
マーケットの動きをリアルタイムに把握できる買取専門店だからこそ、
高額買取につながりやすいのです!

 最大9社の買取店に無料で一括査定依頼ができる!
《今なら成約で楽天ポイント3000ポイントプレゼント♪》